Anthemが聴こえる

私の夢のお話しをします
これは目標というよりは心から願う夢、右脳の物語です


私は60歳で現場第一線を退きます

でも大丈夫です

私たちには、私たちの思想・経営理念を100%理解し、同調し、実践してくれる従業員がいます
彼に運営を任せます

彼なら、物語舎を健全に大きく育てていってくれます

なにより大切なのはお客様に喜んでいただくこと
それからちゃんと利益を得て、従業員を大切に育てていくこと
従業員が独立をしたいと願ったら、その助けをしてあげること
開業の支援をし、ロイヤリティなどは取らず、その人の繁栄を願うこと

彼は、私よりももっと上手にやってくれます
6万倍はうまく…

私たち夫婦はできる限りお店にいて、お客様にコーヒーを運びます
今までは、忙しいときはおろそかになっていた「お見送り」もお客様全員にします

新しい若いお客様も、私たちとともに歳を重ねたお馴染み様も、みんなが共存できるブームとは縁遠い、地元に根付いた店になっています

Coffee &Scone 物語舎
Cafe物語舎 &Third place
絵本カフェ STORY TELLER

その頃はこの3店舗です

もし私たちがこの夢の世界に存在したら、おそらくスコーンは文化になっているかも知れません

ね、夢のようでしょ?

自分の内側で達成した物事は外側の現実を変えていく

今まではそうでした
だからこれからもそうなるんでしょう

そんな私の内側が、現実の世界に出来上がったときのために「招待状」を用意しました

「捨てられなくてプロジェクト」にご協力くださった方々へ感謝と愛を込めて


物語舎
-Coffee,Scone&Third place-

0コメント

  • 1000 / 1000