# Annulusを抱いて泳ぐ

スコーンが売れ始めた頃

「ここらで一発スコーンブームでも起きて、売上爆上がりしないかな~」

なんて思ってた


でも、徐々に

「ブームではなくカルチャーに そしてスコーンを日常に」


そんな気持ちに変わりました

木場店を閉店するかしないかくらいの2018年には…




ある飲食店が閉店した

「この禍のせい…?」

と思ったら…違うらしい

マスコミで紹介され、店の前は連日行列

新規と再訪のお客様の割合が変わり「いつものお客様」は遠退いていく


それに疲れちゃったんじゃないかって

そういう店にしたかったんじゃないんだって


胸が苦しい。。。



私の店は、今も緩やかに坂を上っています

売上だけのことじゃなく、やりたいことへ向けて歩いている感覚があります

そうなると、今あるものを失ってでも得たいものなんてなくなります


お馴染み様が

月に1度、2カ月に1度、半年に1度、1年に1度、とユルユルご注文下さって

少しずつ新しいお客様と「こんにちは」して、やがてお馴染み様になって…


三歩あるいて二歩さがる


この円環の物語の中にいたいと思うのです

そうすれば私たちは変わらないままいられる、と思うのです



-物語舎-

物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000