#今日は誰のために

どんなに大きなチェーン店でも
スタートは1店舗からだったはずで

それが美味しかったから2店舗目ができるはずで

その結果が世界に30,000店舗にまで増えるはずだ…と思うんです




物を作り、お客様へ提供する仕事は
とてもとても尊いものです


その中でも「顔の見える仕事」は

とても古くさく、田舎くさく、そして最先端で決して失われない仕事です

実は誰もが心のどこかで求めているものです


誰が作っているか想像できる店として

作ったものが誰に届くのかが分かる仕事をして…


こんなことができるなんて…嗚呼ありがたい



物作りは、誰かが喜んでくれるから続けられるわけで

それがさらに嬉しいのは、届ける人を想像できるから


これは例え話でも、営業トークでもなく、本当のこと

スコーンを作るとき、お客様のお顔やお名前を思い浮かべます

もし当店のスコーンが美味しいのであれば、美味しさの理由はそこだと思う


「作り手の優しさが…」的なもんじゃないですw

思い浮かべることで、美味しく作ろうとすることが実際に手先指先に伝わるって話です

これ、とても重要なことです

私が30,000店舗も持ったら、きっと今の味を失います

そして今のお客様たちを失います

他の違うお客様がたくさん来てくれるのだろうけど

私が好きなのは「今のお客様に愛されている状態の店」です


2店舗持ちたい…2店舗持ちます

お客様を思い浮かべるんであれば、たぶんそれが限界…私の力量では







ねえねえ…




巨大チェーン店の
ペタンコのハンバーガー
アレって1店舗の頃からアレなのかな…



物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000