#雲に隠されて見えないもの

イベント帰り
土曜日の午後6時の駅構内


ゴロゴロと引きずっていたカートから
防御の甘かったフードパックが落ちた

フードパックの中身はお団子3本

ガシャリという音は耳に入ったが
それが自分の出した音だと気づくまで
5、6歩進んでいた

「あっ…」と気づいて振り返ると
赤ちゃんを抱いた女性がそれを見つけ
お団子だと知ると笑いながら拾いあげていた

(あ、恥ずかしい…)

そう思ったので…私に向かって歩き出したその女性に歩み寄りながら

「とても恥ずかしいです…」
笑いながらありのままの気持ちを伝えた

女性はその言葉に笑い声をあげながら
「全然大丈夫です」と言ってお団子を手渡してくれた

恥ずかしさを隠しながらお礼だけ言うよりは、恥ずかしくなくなった…


…ような気がした


私の雲の向こうには
明るい恥がたくさんある



物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000