# metabolism

昔々「それくらいなら歩くか…」と思える距離というのは、10分程度のものだった

1kmくらい?

それを超えると「え〜〜遠い」


いろんな経験を経て、今は30〜40分程度なら普通に歩く


これは筋肉の問題ではなく脳の問題だ
「歩ける」と思えば歩ける

「歩こう」と決めれば歩ける…それだけ


私には脚があるし
なんと言っても目的地までは地続きだ



4時に起き、10時に眠る

そんな暮らしをかれこれ4ヶ月


日の出の少し前からスコーンを焼き

日没までに仕事を終える

働くときに働き
働かないときは働かない

夜型から朝型へ
過去の自分を更新(^^ )


太陽が沈みかける頃に夕食をとり
食後に一杯のスペシャルティコーヒー

カフェイン入れても熟睡

毎日身体は疲れます
両手首はヘタってます
そして我慢もたくさん

自分で選んだ生きかたをしていると
誰かを恨むことも妬むこともなく
愚痴や文句は絞っても出てきません

ただ一心不乱に小麦粉に向かえます
だからスコーンが美味しく焼き上がるんだと思う


人は環境で変わる


環境が変わって、考え方も変わっていくのだから
気が合う人も変わっていくのは自然なこと
もとの環境にいた人と合わなくなることも自然なこと

古い角質はポロポロと剥がれ、中には新しい自分ができている




ベランダのプランターのどこかに棲みついたカネタタキ氏が

「リ、リ、リ、リ」と鳴いている


草むらを離れてベランダの植栽を選んだのは彼の生きかた

彼は新しい自分を見つけられるだろうか…








物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000