#YELL

以前ローカルテレビの取材を受けたときのこと

リポーターがプレーンスコーンを
ふた噛みで評価し始めた
「おおおお、これは…」

「ちょちょちょちょっ!お前ふた噛みで何が分かるんだよ?

もっと噛めよ。噛んでくうちに旨味が出てくんだよ。

飲み込んでから感想言えよ。飲み込むまで感想言うなよ」

…と、言おうと思って言わなくて、でもその後の態度にメキメキと現れて、

現場は変な感じになった

撮影が終わるとリポーターはとっとと帰り

カメラマンとディレクターが私を取り繕うように残った


私は「美味しい前提」なんて欲しくなく、感じたことを伝えてもらいたかったわけ

そこに彼らの「仕事」があり

でも残念ながら、彼らがやったことはただの「作業」だった


私…テレビ向きでないです( ̄q ̄ )zzz



思うこと


「仕事は愛」

関わる相手への
自分の作品への
自分自身への

記事を書くってことも
多分そういうことだよ


そのためには
噛む前にコメントなんか考えとかないでさ
噛んで、味蕾で拾って、ノドを通ってから脳ミソに行かなければならない

簡単なことじゃんか





閉店前の引越し準備で
しっちゃかめっちゃかな店に
笑顔でやってきてくれた「私がかつて自分の選択によって悔いを残していた出来事」

を知ったその飲食店オーナーが


「悔いなく旅立ってね」

との思いを込めてか
「おそらくこれは相当売れてるんだろうな…」という

柚子コショウソースのものを差し入れてくれた


差し出された紙袋を見た途端にパブロフの犬のよう…
本当はひと口で飲み込んでやりたかったけど

未体験だった鶏肉好きの妻に60%を譲ってあげた


昔々ロッテのブルーベリーガムが大好きで

ほとんど噛まずに口の中で柔らかくしてから、飲み込む


そんな習慣のあった私は、美味しいものは噛まずに飲み込みたくなる人のようだ




スコーンは噛めよ( ̄_ ̄ )♪



0コメント

  • 1000 / 1000