#Last song for you…15

イートインでスコーンを食し
お会計の時にスコーンのテイクアウト

スコーンのテイクアウトの時
「お友達にあげたいから1個だけ袋を分けてください」

2度目のご来店の時
「スコーン好きのお友達を連れてきました」

こんな時私は
( ̄_ ̄ ) ←こんな顔しながら
心の中は→ ♪~(´ε` )

あなたが思っている以上に

こんな出来事の意味を、店側は感じ取っています


誰かに何かを伝えるって…「美味しいよ」って伝えるって

絶対じゃないとなかなかできない…と思うんです


美味しいと思ったから、それを好きな人と共有したい

「え~そうでもないじゃん」なんて反応だってあるかもしれない中

これなら絶対って思えるから、勇気を出して共有しようとするの


だから自分で食べた結果のこんな出来事たちは

私たちに相当量のエネルギーを与え続けてくれました


逆に言うと、こんなことがなかったら店は続けられない

少なくとも私は



たまに誰かに言われる
「人に教えたいけど教えたくない店」
これも咀嚼してみると嬉しいことですけど…



頼む!教えて!( ;∀;)

と、心から願ってる



小さな店たちは口コミが命
それがなかったら即死です

あなたが引き続き利用したいお店なら
迷わず、出し惜しみせず友人に教えて欲しい


そうしてね





「今度お姉ちゃん連れてきます」


火の国からときどきやって来るお姉ちゃんを連れて来てくれて

そのお姉ちゃんもひとりで来てくれるようになったりして



小さな店が生きていくには必要な血流



努力が報われ

迷いが吹っ切れ

喜びを共有し

また明日店に来てスコーンを焼こうと思う




あなたには些細なことでも

小さな店にとっては身体に血を巡らせるための大切なポンプ



私たちはこんな出来事たちを拾って生きています








物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000