#Last song for you…12

ゆらり

公園を散歩するようにやって来て


ゆらり

公園を散歩するように帰ってゆく

ポメちゃんと2人の時も
二世と3人の時も
一家大集合の時も


なぜこんなに優雅に振る舞えるのか


「やっべー寝坊したっっっ( ̄Д ̄:)ダメダ」
「あーもーヤダ疲れたー(T_T )」
「飲まずにゃやってらんねー\(`Д’)/」

などとはならない
…想像できない



私、レーズンが好きなんですが
もともとは好きではなくて避けていた食材でした


なのに
「レーズンのスコーン…やらないですか?」
とかなんとか、この人がふわっと言うもんだから作ってみたりしたんです
ちゃんといろいろ試しながら…



お客様の希望をすべて叶えるわけではないし、リピーターさんの言うことを聞いて、そうでない方の言うことは聞かない、という線引きをしているわけでもありません

すべて直感ビビビ

だってさ「〇〇あったら買うのに…」と言われて作ってみても、お客様って案外買ってもらえないんです…
これ…飲食店あるあるなんです…

世に出すには、それなりに手間ひまがかかるからね…



それまで、うちのあらゆるスコーンを食してくれていたこの人が
完成したレーズンクルミのスコーンを食べて

「俺、もうこれだけでいいかな…」

とポツリと呟いた日が、レーズンクルミの採用決定日となりました


だってさ、他の人が買ってくれなくても、この人が買ってくれるんですもの
また来ますと言って、また来てくれるんですもの


そしてこの日

「閉店まで、来られる時に来ます」と言いながら


ゆらりと帰っていった


なんかステキなセリフ〜


この人が
私にレーズンの美味しさを教えてくれた人です
そして、当店のスコーン定着に多大な影響を与えて下さいました


0コメント

  • 1000 / 1000