#Distance

人との距離を

とても考えた2年でした


考えたって正解などないことですけど

「客と店」についてたくさん学びました


考えた結果「常連様」「お得意様」という考えを捨てました
お客様を「常連縛り」にするのは違和感があります
あ、お客様に「私、あの店の常連」と言っていただけるのは嬉しいです

「お客様の過去に囚われない
お客様の未来を縛らない」


そんな考えに落ち着きました


いくら足繁く通ってくださる方も
いつかは去ってゆくものです

今この瞬間繋がっていられるのなら
過去にどれだけ来店されたか
これからも来店されるのか

それはどうでもいいこと…としました

もしも「あれだけ通ってやったのに…」
と思われる方がいらっしゃったらごめんなさい

冷たく感じるかも知れませんが

私にとって回数はあまり関係ないです




「いつも、今を大切に」




今、私たちの店を求めて来てくれることが何よりも大切なことなんです
私たちの店に期待を寄せてやって来てくれる方が、過去は関係なくみな平等に大切です




「あの人…来なくなったなぁ」と思うことはもちろんあります
でも、店としてそれは日常のこと


「ご無沙汰しちゃってすみません…」
なーんて言いながら来られる方もいますが

お客様と店というのはそんな関係にはありません

謝って欲しくないのです


そんなセリフを聞くたび、この店もまだ未成熟だなって思います
その通り、そのまま未成熟なんですが…


お客様は来たいときに来て
来たくなかったら来ないでいい
お店はお客様の未来に期待せず
来てくれたときに歓迎すればいい
もちろん過去にも囚われず…です



初めてこの言葉を使います


「一期一会」


お客様を送り出すとき
「もう二度と会わないかも知れないな」と思いながらお見送りします




だって、ここはカフェなんですから




このカフェなら、知り合いから教えてもらって家内と一緒に行ってみても

ドキドキした私たちをそっと受け入れてくれそうです



物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000