#Last song for you…5

私の少し先輩

私と違い、士業ひと筋


オープンした2016年3月から今まで

毎週のように通ってくださったお客様


カウンターひと筋

マンデリンひと筋


…味覚は女子


やり方によってはガッポガッポ儲かりそうな職業ですが

儲けるために始めた仕事ではないらしい

儲からない仕事もちゃんとやる人



つまりカフェでいうと、水を注ぎに行く仕事(笑)



話逸れてしまいますけど、水を注ぎに行くって究極だよな…って思う

だって見方によっては追加の注文を阻止して、席を空けさせないのよ

水を足しに行ったからってお客様は「悪いから注文しよう」とは思わないし(私は思わない)

私たちだってそんなこと1ミリも期待してないし

ただのお・も・て・な・し…OMOTENASHI~


めちゃくちゃ細かいことを言えば、水だってタダではないのに…
だから、初めて見るお客様に「水!ください」と

当然のように言われるとあげたくなくなる(′・_・`)…


何故だか…リピーターさんのほうが威張ればいいのに、みんな自分で注いだり

「あ、気づかずにすみません」とか言うと「あ、いえいえ大丈夫です」と…

すごく気を使わせちゃってる気がしてます



それと、カフェをやってみて分かったのは回転率の重要性

うちの数少ない割引制度の1つ、今だから教えます

「やさしさ割」というのがありまして、満席の時や状況を見て席を譲ってくださった

そんな優しいお客様にそっと割引をしています

わざわざ「割引きます」などとも言わず、レシートを見れば書いてある程度

それがうちの店の回転率を上げる唯一の努力


そもそも私たちの信念は「回転率よりもリピート率」ですし

それこそが…その先にこそ、繁栄があると信じていた

…今も信じています


回転率のメリットを上回るほどのリピート率をあげられるような店になりたい

そのために農耕民族のように、耕し続けるのです



この味覚女子の先輩も、おそらく狩る人ではなく、耕す人なんだと思う

ずっと水を足し続け、期待もしていないところで新しい注文をもらう


そうやって来て
そうやって行くんだろうな



そして私もそう

耕していくことの価値を、もう十分知っているから


またいつか
この方にもマンデリンを淹れたい


0コメント

  • 1000 / 1000