#血よりも濃い、汗と涙

自分は器用で、なんでもできる…と思っていた
でもある日気づけば、何にも集中出来ていない自分が棒立ちしていた

そんな日々がツラくてツラくて…

同じ方向を見て
同じ温度で
報連相なんかして
利害が一致する仲間

…同僚が欲しいな…

その心の叫びに
もっと早く気づけばよかった

ものすごい重さの荷物を担いでいたことを
誰にも、自分にも知られたくなかったのかも


誰かと何かを一緒にやれるって楽しい

今日改めて、そう思った


話せば話すほどに、アイデアが浮かぶ

「ひとり脳内ブレスト」したって、検証できないのが苦しい


ひとりお店で試行錯誤しているのが本当に苦しかった


同僚っていいね




物語舎は順調に大きくなっています
ゆっくりだけど、歩みは止まらない

これからも!

行きたいところに行くつもりなら

脚を前に出さないといけない


よくここまで来たな~~~



…っていつか言いたい

0コメント

  • 1000 / 1000