#LOVE Mandheling


注文が入ると


200ccのカップいっぱいにお湯をはり

ケトルに多めのお湯を注ぐ

ガラスのドリッパーとサーバーを温め

ペーパーフィルターをセットして

富士珈機のミルで豆を挽く

ドリッパーに納めたペーパーフィルターに


挽いた豆を「カンカンカン」


お湯が適温になるまでしばし(-_- )zzz


淹れ始める

お湯はなるべく細く

できるだけ早く注ぐ


雑味エグ味ゼロ


世界一美味しいコーヒー

自分のお店のコーヒーをそう思っています

事実がどうであれ、そう思っていないとやってらんない


ナゼニミナ

アノミセノ

ニツマッチャッタヨーナコーヒーニ

ムラガッテンダ(?_? )?

ナゼニミナ…


なーんて平日のヒマな時間に思うことが…ひがまないひがまない


豆も焙煎人もかなり高品質なので、私がコケなければ美味しいことは

店を始める前から分かっていた

…というか、この豆じゃないと始められなかった

その頃の私にはそれ以外の裏付けがなかったので、唯一の拠り所でした


実際に


何人もの

コーヒーを飲めなかった人が飲めるようになったり、

砂糖なしでは飲めなかった人がブラックで飲めるようになったり


と、このコーヒー豆の威力をマザマザと見せつけられたのは他ならぬ私

高いから他の豆にしよーか…なんて妻に相談したこともあったけど…ね


本当にすごいんだね


焙煎人に言ったら「当然っしょ」



もっと多くの人にも知ってもらいたい

コーヒーが苦手な人にこそ飲んでもらいたい



これからもこの豆とともに


0コメント

  • 1000 / 1000