#自分を更新していく

まあまあ大きくなった学生時代
「私たちの育て方に間違いはなかった」と誇らしげに母親が言ってた

そりゃそーだ

大した非行にも走らず
大した心配もかけず
望む通りに私立校に進み
スポーツに励み
学級委員長とかやったり
友達を作ったり
人をいじめたりせず
人にいじめられたりもせず
落第しない程度には過ごしていたんだから

近頃のほうが、親から見たら不良だ
風のうわさに「育て方間違ったのかね…」と嘆く年老いた母親を知る

もう2年以上会ってない

きっかけがあって会いに行かなくなった

そして親も自分からは会いに来ない

「遠い」が「会いたい」を上回る



子は親の希望を叶えるために生まれたのか

希望通りに行かないと、それは育て方の問題なのか


自分の息子が

もらった命が燃え尽きるまで歩き続けようとしているだけだと知ったら

間違ったなんて思わなくなるかな?


ま、どっちでもいいんですけど…

「人が何考えてるか」なんて考えだしたら生きにくい

そうやって生きてきたからよく分かります


誰に嫌われたって構わない

誰にどう思われたって気にしない


小さい頃から親に貼られてきたレッテルを剥がすには、なかなかの時間が必要です

新しい自分好みのレッテルを貼りたいんだけど

古いのがこびりついてて…なかなか剥がれないんよ…



わかんないだろうけど。。。


物語舎

- Coffee,Scone & Third place -

0コメント

  • 1000 / 1000