#リンゴは地球

「100人の地球村」を思い出した


全世界を100人の村に縮小するとどうなるか…という有名な、あれ


その村には・・・

57人のアジア人

21人のヨーロッパ人

14人の南北アメリカ人

8人のアフリカ人がいます

52人が女性です

48人が男性です 

70人が有色人種で

30人が白人

70人がキリスト教以外の人で

30人がキリスト教

89人が異性愛者で

11人が同性愛者

6人が全世界の富の59%を所有し、

その6人ともがアメリカ国籍

80人は標準以下の居住環境に住み

70人は文字が読めません

50人は栄養失調に苦しみ

ひとりが瀕死の状態にあり

ひとりは今、産まれようとしています

ひとりは(そうたったひとり)は大学の教育を受け

そしてたったひとりだけがコンピューターを所有しています

もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、

相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、

そして、そういう事実を知るための教育が、いかに必要かは火をみるよりあきらかです


この文章を読んだとき、

「自分は恵まれている。だから贅沢してはいけないんだ」


とは思いませんでした…


私は女性にも、白人にも、同性愛者にもなれないのと同じで

栄養失調の50人の仲間に、率先して入ることはできません

ただ日本はなんて素晴らしい国で、たまたまそこに産まれてくることが出来て

これは有難いことなんだなと改めて感じました


そして、自分とは考え方や価値観が違う人がいるのは当たり前で

それは「間違い」なんかではなくて、ただの「違い」なんだと思えます


どの国で暮らしていても、与えられた環境の中で頑張って生きていることは同じです

もし生まれ変ることがあるなら、その時は「瀕死状態のひとり」になるかも知れない

だから、出来る限りで構わないから今を一所懸命に生きようと思います


0コメント

  • 1000 / 1000