#また笑うためのコーヒー豆と小麦粉

エッセイ本を出します


本のタイトルは「また笑うためのコーヒー豆と小麦粉」



私は凡庸で、おそらく平均的な人間

Mr.Average氏


新卒で企業に入って、まあまあ頑張っていたので

係長までは島耕作氏と同じペースで出世


その後いくつかのモデルチェンジ(脱線)を繰り返し、今も生きてる

小さい時の環境がもう少し違うものだったら

こんなにも遠回りしなかったかもしれないけど…


貫いてきたことは

‘欲しい人にものを売ること’

‘欲しくない人に売らないこと’

‘買った人を喜ばせること’


カフェをやってみて追加できること

‘お店に入って来た時より、少しだけ元気にして送り出せること’


私はあなたの心の中に入りこむつもりも

オセジやタテマエで受け流すつもりもありません


話しを聴いて、感じたことを伝えます

話しかけられなければ、そっとしておきます


それで少しだけ笑顔になれれば

コーヒーやスコーンが美味しいと思えれば


カフェとしてアリなんじゃね?


Average氏なんだから、出来たとしてもそんなもんでしょ…


それ以上の何かを求めるならブルーボトルでもスタバでも行ってくれw



というような本を出します



0コメント

  • 1000 / 1000