#CONCEPT

「大人はゆっくり 子どもは静かに 赤ちゃんは泣きます」



物語舎は、ゆっくりと時間を使っていただくためのお店です。

未就学児童のご来店も歓迎いたしますが、店内にいるすべての人が気持ちよく過ごすために、年齢を問わずいくつか守ってもらいたいお願いがあります。


《して欲しくないこと》

◆飲食物を断りなく持ち込むこと

◆通話を含む、音の出る機器を使用すること

◆コンセントを断りなく使用すること

◆店内のものを遊び道具にすること

◆消しゴムのカスやホッチキスの針などが出る作業をすること

◆店内のものを叩いたり、走り回ったりすること


これらのことをご理解下さるとありがたく思います。


《私たちと一緒に空間作りを…》

私たち物語舎は、マニュアルに支配されない心のこもったオーダーメイドのサービスを提供します。

常に想像力を張り巡らせ、あなたが望むものを察し、その手助けができるよう努めます。

思いやりを持ち、あなたの特別な時間のお手伝いをします。


とは言え、お店の雰囲気は私たちだけで作られていくものではなく、空間を共有するあなたがその一端を担っています。この15坪にいるみんなが気持ちよく過ごせるよう、空間作りにご協力ください。


「声」=OK 「音」=NG




「物語」=「生きていくこと」

私たちには、小説にも映画にもならないような#小さな物語があります。


私が今この場所にたどり着くまでにも無数の、そして無名の物語が存在しています。

喜びも悲しみも、屈辱も。天を仰いだことも、地面を蹴飛ばしたことも、ガッツポーズをとったことも。

めげては立ち上がり、嘆いては立ち上がり。

そんな物語たちを乗り越えて、今やっとここにいるのです。




あなたは、どんな物語を持っていますか



たとえ特別な出来事がなかったとしても、その1日が物語なのです。


「物語」とは「生きてくことそのもの」なのです。



「いつも、の」

私たちは、食べものについて「#不変でありたい」と考えています。


流行り廃りの激しい日本の中で「今も、来年も、3年後も…たまに食べたい」もの。

いつ行っても「そこにある」もの。


#ブームではなく、カルチャーに

そして、#日常にスコーンを


そんな思いで取り組んでいます。


私たちは、あなたの心の片隅で…そっと長く思われていたいのです。