関東在住。死ぬまでにいろいろなことを経験したい。

記事一覧(35)

#リンゴは地球

「100人の地球村」を思い出した全世界を100人の村に縮小するとどうなるか…という有名な、あれその村には・・・57人のアジア人21人のヨーロッパ人14人の南北アメリカ人8人のアフリカ人がいます52人が女性です48人が男性です 70人が有色人種で30人が白人70人がキリスト教以外の人で30人がキリスト教89人が異性愛者で11人が同性愛者6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍80人は標準以下の居住環境に住み70人は文字が読めません50人は栄養失調に苦しみひとりが瀕死の状態にありひとりは今、産まれようとしていますひとりは(そうたったひとり)は大学の教育を受けそしてたったひとりだけがコンピューターを所有していますもしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、相手をあるがままに受け入れること、自分と違う人を理解すること、そして、そういう事実を知るための教育が、いかに必要かは火をみるよりあきらかですこの文章を読んだとき、「自分は恵まれている。だから贅沢してはいけないんだ」とは思いませんでした…私は女性にも、白人にも、同性愛者にもなれないのと同じで栄養失調の50人の仲間に、率先して入ることはできませんただ日本はなんて素晴らしい国で、たまたまそこに産まれてくることが出来てこれは有難いことなんだなと改めて感じましたそして、自分とは考え方や価値観が違う人がいるのは当たり前でそれは「間違い」なんかではなくて、ただの「違い」なんだと思えますどの国で暮らしていても、与えられた環境の中で頑張って生きていることは同じですもし生まれ変ることがあるなら、その時は「瀕死状態のひとり」になるかも知れないだから、出来る限りで構わないから今を一所懸命に生きようと思います

#扉の開いた鳥かご

私、人と一定の距離を保つタイプ顔見知りのお客様もたくさん増えて、雑談なんかもするようになってますけど、未だにお名前を知らない人…多数名前を知った途端に、その人来なくなっちゃうというジンクスみたいなのもあるので、必要に迫られなければ聞かないし親しくなっても、そこはやはり友人ではなくて、お客様と店でいたいお客様は来たくなったら来てくれて、来たくなくなったら来なくなっていいお客様は自由な鳥どこにでも行けるし、うちの店にはもう戻って来ないかもしれないだからお見送りするときは、今日が最後かもしれないと思いながら「お気をつけて」と「常連」この言葉を使うのは抵抗がありますなので、長くはなりますけど「今のところ繰り返し来てくれるお客様」と言ってますあ、お客様が自分でうちの店の常連…と言ってくれるのはとても嬉しいんですけど…どんなに顔を合わせても、甘えは許されないと思うお客様に甘えるのは、それがお客様満足につながるからであって、自分からの甘えであってはなりません店員が知り合いと話している時の乱れた言葉使いってすごく気になりますので、年齢・性別問わず、言葉使いは丁寧にしていますその距離感がお客様にとっては物足りないこともあるかもしれませんが…流儀なので…それが私なので…いつでも出ていけるように扉はいつも開けています。。。

#食材ロス、ゼロ

食材を捨てたくない子どもの頃はとても偏食で、親が作った料理をじゃんじゃん残していました肉魚野菜キライ煮物揚げ物焼き物なまものキライ給食キライ外食キライお前は何を食って生きてんじゃ(; ・`д・´)大人になって、結婚して、食べることが好きになり出されたものは何でも残さず食べるようになりました我々人間のために命を落とし、食材になってくれた方々のためにも少しでも無駄を減らすことが、その犠牲に報いることでもありますし店のテーブルの上にあるガムシロップとポーションこれらはどうやら小さな子どもたちのちょうどいいオモチャになるようで注文したものが出てくるまでの遊びの時間に使われます、ときどき保護者がそれをあてがったりして…やれやれ…その次にどうなるかというと、衛生管理の見地から…私は捨てます子どもが口に入れたものを次のお客様に出すわけにいかないので…きっとお客様は立場が違うので、そんなことを想像しないのが普通でも一歩引いて考えれば…食材は食材オモチャはオモチャそしてガムシロップとポーションは食材食材はオモチャではない子どもの頃の私はテーブルの上のガムシロップやポーションで遊ぶような子ではなかった親もそれを許すような人ではなかっただけど考えてみれば、それ以上の食材を私は自分の好き嫌いだけでその背景など考えもせず、大量に無駄にしてきた人間であるあ~あ、ごめんなさいたくさんの後悔の中の、これもそのひとつだから今は飲食店なんだから仕方がない…という甘えは捨てて、極限まで食材を無駄にしないよう工夫しています残っても自分たちで食べきれるくらいに食べることが好きなら、まずは食べ物を大切にするところから始めたいょうちのお客様どなたも残さないので残飯はゼロですすご〜い

#FUZZYを愛す、IMAGINATIONを愛す

イギリス出身の方にスコーンを食べてもらう機会に恵まれた「スッゴクオイシイ」日本語が堪能な彼は、ひとくち食べるたびにそう言った「お母さんの味ではなくて、隣のおばさんの味だ」それがそのままの意味なのかイギリスのことわざ的な意味があるのかは分からない「えっえっ、それってどういうことですか?」…なんて聞くのは不粋じゃんね曖昧でいい部分は曖昧なままに毎日グラム数とにらめっこしてるときっちりやらなくていい部分に安らぎを求めます言語は面白い仕事として確認しなければならないこと以外は遊びの部分を多めに持っていたいあなたの放つその言葉の裏側にはどんな感情が隠れているの?とチロリと覗いてみたり…みなかったり…きっと隣のおばさんは、イギリスにしては珍しく、料理をガッツリやる人若い頃、旦那さんの仕事の関係で日本に5年ほど滞在してて、その時知り合った日本語教室の先生から肉じゃがの作り方を教えてもらって、料理にはまるそして書店に行ったら焼き菓子のレシピ本なんか見つけちゃって「そうだ、国に帰ったらスコーン焼くし、ちょっと研究しようかしら」なんつってそしてできたクロテッドクリームを付けなくても、十分美味しい表面はサク、中はふんわりコーヒーに合うし、紅茶にも、牛乳にも、そして水でも…小麦とバターの香る、ほんのり甘いプレーンスコーン「うん、これはお母さんの味ではなくて、隣のおばさんの味だ」少し温めて、バターとかマーガリンを付けて食べたらあなたもイチコロだってさ♪

#特別なコーヒーをあなたにも

お客様とこんな話題になった「コーヒーをブラックで飲むようになったのはいつから?」私は、結婚してからです妻が取り寄せたスペシャルティコーヒー豆を、挽いて飲むようになってからです独身時代(実家暮らし)はインスタントコーヒーに砂糖とミルクを入れて飲む人それらを含めて初めてコーヒーが完成…つまり入れないと飲めるものではない、という飲み物本当に美味しいコーヒーを飲んでいなかったんですねそしてそれが私の世界の中の「コーヒー」でした嗚呼…もったいない今も、どこかで飲む美味しくないコーヒーには砂糖もミルクも入れるので、ご来店のお客様が砂糖とミルクを入れた形跡を発見すると「うおうおうお…まずかったのか…」と思う習慣的に入れてるだけの場合もあるでしょうが、やはりちと気になりますスペシャルティコーヒー高いだけあって、すごいと思いますちゃんと淹れれぱ雑味がないし、舌がしびれるようなエグ味もなく「コーヒーってこんなにスッキリしてるんだ」と感じます当店のお客様にも「砂糖なしでは飲めなかった」とか「コーヒーそのものが飲めなかった」という方が多くいらっしゃいます分かる〜〜そんな方たちが物語舎のコーヒーを飲んで、コーヒーへの感想が変わってくれるならお店をやっていて良かったと思えますそして、焙煎人さんや豆の生産者さんにも教えてあげたい「ねぇねぇ今日さ、こんな嬉しいこと言われたよ」って